私的映像文化未来論

デジタル技術やネット社会における「写真」の未来像を述べる。
写真は19世紀半ばに写真技術が発明されると普及の過程において、ブルジョワジーが安価な肖像画の手段として求めたことが大きな役割を果たした。
さらに複製技術が発達することにともない、展示デザインの中で活用されると同時に一点ものの芸術作品として価値づける制度が1937年以降活発になった。
作品発表の場を従来の雑誌や新聞などの印刷媒体ではなく、美術館やギャラリーに求める写真家がふえていった時代でもある。
一方、アンディー・ウォーホルなどにみられる後年のポップアートのなかでは、写真は大衆文化の記号として繰り返し複写されて用いられている。
アメリカの批評家スーザン・ソンタグは著書「写真論」の中で、湯水のように溢れる戦争報道写真や広告写真の映像が現実世界とのつながりを強化するようでいて、実は反対にわれわれの感覚を麻痺させ、そのインパクトを弱めていることを主張している。
写真の歴史はグローバリゼーションの歴史と深く関わっており、産業革命のさなかに実用化された。
新聞は不特定多数の公衆を読者に発行されはじめ、通信社が遠隔地の情報を送り届ける専門機関として情報の平準化をもたらした。
写真はそうしたなかで、世界へのわたしたちの想像力を根底から変化させた。
現代では2000年に携帯電話にカメラがついた機種が発売され、撮影した画像を送信・交換できる新たなコミュニケーションスタイルが成立し、小型化しパーソナル化したカメラによって生み出された多数の写真が、ブログなども含め紙媒体ではない写真イメージとして日常の中に氾濫している。
物心ついた時からカラー写真やブラウン管に囲まれて育ち、「マイ・カメラ」をもった世代には、絵筆や鉛筆よりもカメラやコピーの方が身近な表現手段であるといえよう。
現代美術のなかでも写真や映像の利用が日常化し、写真家のインスタレーション展示も珍しくなく、写真は表現行為の基本メディアとして不可欠な存在である。
さらに写真が美術館のようなシステムに取り込まれていくなかで、「写真」と現代美術との境界線は失われつつある。
個的な表現としてのそれは、ごく限られた場所に押し込められつつある。
しかしそれは「写真」の領土が狭まったと言い切るのではなく、様々な表現に浸透し融合していくことで新たな世界を構築しているとはいえないだろうか。
例えば、大戦直後にベルリンに飛び火したダダイズムでは、革命的な社会・政治情勢ともあいまって左翼的な過激主義の色彩が濃く、「フォトモンタージュ」という表現形式をとり、雑誌から切り抜いた写真や生の写真を元の文脈からはまったく自由に組み合わせて、過激なアジテーションを行った。
現在では写真コラージュのために実際に鋏を使わずして制作することが可能だ。
私事ではあるが、自身も写真家である父の影響から幼い時分からフィルムカメラを持ち日常風景を気ままに切り取っていたが、10年程まえからはファッション写真などの印刷物や自分で撮影した写真を用いて作成したコラージュを作品として額装し展示をはじめた。
近年になるとそれらに使用する素材をスキャナで取り込みフォトショップという写真加工ソフトを使ってデジタルコラージュなるものを制作している。
それらが純粋な「写真」であると定義するのは無理があるが、「写真を用いた作品」と呼ぶのは差し支えないと思う。
もしくはグラフィックデザインとも言えるが、私自身にとって制作の出発点はいつでも写真であるから、写真から派生した作品であるとしたい。
注意すべきはデジタルカメラやスキャナ・コンピュータの普及により、デジタルイメージが選択肢のひとつとして一般化されるにともない、映像メディアだけでなくメディア全般のメディア・リテラシーが求められている部分である。
時にすぐれた写真家は卓越した能力に加え、それを普遍化する力を持つ。写真家の文章、エッセイなどの「言葉」は本人の日常体験をリアルに伝える力を持ち、作品として見る者の感興を呼ぶ一助となりえる。
作品そのものだけではなく、現代でいえばブログやtwitterなどのネットワーク上のサービスで写真&文章などを作品として見せることもある。
1つの視点のみで作品の優劣をはかることは不可能だ。
未来の写真芸術作品は90年代以降のキャノンが主催する公募展「写真新世紀」にみられるような大きなサイズのプリントや、ビデオ映像・ドローイング・テキストなどとの写真以外の媒体と組み合わせたインスタレーションのような作品表現も盛んになるだろう。
その組み合わせや媒体も現実空間から仮想空間まで種々様々、無限に広がっていくはずだ。
もはや写真芸術は一方向からの物差しではおさまりきれない。
個人の写真表現は、様々な技術と個性を影響させ融合して新たな表現を生むことにより視覚芸術として昇華するのだ。



参考文献、「世界写真史」、飯沢耕太郎、2004年、美術出版社、「現代写真のリアリティ」、宮本隆司他、2003年、角川書店
[PR]

by artkzr | 2010-08-10 23:36 | 考察