カテゴリ:考察( 23 )

2010美術館のアートマネージメントとは

東京都写真美術館を対象に美術館のマネージメント調査をする。

東京都写真美術館は、平成7年に総合開館した我が国初の写真の総合的専門美術館であり、中心となる「写真美術館」に、映像分野全般について、文化と技術の両面から総合的にとらえ体験できる「映像工夫館」を付設した、写真に限らず映像まで含めた世界的に珍しい文化施設である。
日本における写真文化のセンター的役割を果たすとともに、国際的な交流の拠点となることを目指し、1986(昭和61年)の第二次東京都長期計画「写真文化施設の設置」より現在にいたる。

平成20年度観覧者数は約41万5千人で、平成7年度の総合開館以来、総観覧者数400万人を達成した。

3階建ての建築は、3つの展示室(120カ所の温湿度計測システムを設置、24時間自動管理)を中心に、実験劇場・図書室・保存科学研究室・ミュージアムショップ・カフェ・ホール・書庫・収蔵庫(7500収蔵庫環境)がある。各収蔵庫は国内外作家作品、歴史的・古典写真と映像関連機材・作家周辺資料・映像資料用フィルム類に分類されており、それぞれの性質に適した温湿度が保たれている。

当館は財団法人であり、都立美術館として基本的な運営費は東京都が支えるものであるが、さらに広く支援・援助を求める目的の維持会員制をもうけている。また、都の公募により指定管理者制度である。

東京都写真美術館の収蔵品・作品資料収集はコレクション点数24839点ある。(平成20年度)
国内外の写真史の上で、評価の定まった芸術性・文化性が高い作品、東京を表現・記録した作品、各種の展覧会等で高い評価を受けた作家・作品を発掘収集している。
日本の代表作家については重点的に、その作家の創作活動の全体像を表現し得る点数等の、写真文化を理解する上で必要な写真作品(オリジナル・プリント)を中心に、幅広く体系的に収集することが当館における写真作品収集の指針である。

保存科学研究室は我が国最初の写真の保存・修復に関する研究室で、新規収蔵作品にも適切な収蔵処理・保存箱の作成・保護処理・修復の必要な収蔵作品への対応がなされている。写真保存用包材、修復用材料などの写真適正試験をはじめ、各種写真の保存条件、展示照明条件などの最適化研究を行っている。また、画像劣化原因の排除、劣化画像の復元処理などを含めた保存科学全般にわたる調査研究を進めている。


作品収集は、東京都の収集予算(委託費・補助金・施設の運営費・事業費)・自主財源に加え、当館独自の維持会員による会費(企業等からの支援)の一部による購入、寄贈、寄託を活用し行っている。平成21年度の収入は80261千円・維持会員費71900千円である。(平成21年度公益財団法人東京都歴史文化財団収支予算書)


当館の展示は、コレクションを活用し、調査研究に基づいた館独自の視点で、写真コレクション展・重点収集作家展・映像展・誘致展・テーマ性を持って多角的なアプローチにより紹介するシリーズ展・新進作家展・中堅作家の個展・国際展など、多彩なテーマの展覧会を開催している。
名作を紹介すると共に展覧会をパッケージ化し、館発の他館への巡回展を行う。

独自企画展は3つの展示室あるいはホールを有効に組み合わせ、全てが企画展として、固定的な常設展示と異なる、収蔵品を有機的に結びつける収蔵企画展を行っている。

写真の総合的専門美術館としての学芸員の仕事は、
写真に関するあらゆる情報を集約するとともに写真を含む映像全般に関する調査・研究(国内外の写真史、映像史、美術史や写真論、映像論、美術論)の成果を展覧会普及事業、紀要やシンポジウムなどに反映させる。
収蔵作品・資料の他館への貸し出し、収集、展示、保存、修復、普及を含めた総合的な活動を行う。
当美術館の試みである、学芸員の日々の仕事をブログというインターネットサービスを通じて綴ることにより、美術館の姿勢がより身近に聞こえてくる。古写真調査・写真展企画に伴い、地方美術館や資料館に赴き、巡回展の地方視察情報や写真に付随する情報(技法・カメラ・印画紙の種類等)を分かりやすく説明している。作家・資料提供者等への原稿依頼・印刷物制作・各イベントのチェック等、学芸員の仕事の数々が見てとれる。
展示構成は来館者に、「写真とはどういうものか」を感じさせる様な工夫をする。写真の裏面も見られる立体展示の試み等が顕著な例である。
展覧会会期中は、出品作家とともに学芸員による展示解説を行い、利用者が作品を深く理解する一助となっている。
教育普及事業としての学校と連携したスクールプログラムや、当館暗室を活用した写真プリント実技や、写真・映像のプロを目指す人を対象に、育成支援のためのワークショップの開催、地方での写真にまつわる制作授業の講義や将来の美術館活動と専門的な人材育成に向けた、インターン生の受け入れを行っている。

参考資料東京都写真美術館年報2008−09
[PR]

by artkzr | 2010-05-02 19:49 | 考察

2010造形に関わる学問の成り立ち

1歴史の中での「作品」
作品と言ってもその世界の多様さに一言では語り尽くせないが、人類の長きにわたる歴史の中で美術という概念や学問の歴史の始まりがつい数百年程前だと言う事に驚きを隠せない。
日本において美術という言葉が確固たる存在を示すのは、明治5年のウィーンで開催された万国博覧会参加に伴い、翻訳語として考案された時からである。
現代から過去の歴史を振り返ると学問成立以前から現代でいう「美術」として素晴らしいものが古今東西には数多くあるが、それぞれの内面ととりわけ深くかかわる営みの産物である作品達は長きにわたり美術という観念や制度の枠組みの中に存在していなかった。と、いうよりも枠組みをつくり存在させたのはここ数百年の歴史であり、その観念は時代や地域によって様々に異なるものだ。
現在では芸術の研究が深く進められているので観念の成立前当時の社会における芸術の在り方を伺い知る事は書物の中でしか出来ないが、芸術という概念が構築される以前から人が「美しいもの」を求め、社会の中で芸術家と鑑賞者が相互関係を持ちながら作品が作品として脈々と存在してきた事は素晴らしい事実だ。
2美術史学の推移と現代を生きる私的作品観の共感点
美術史学の歴史では18世紀以降の哲学における「存在」の対象が自然から神、神から人間へ、人間が存在を認識するあり方に推移して行く事により「美学」の基礎が生まれる。ここからやっと作品そのものだけでなく、感性・認識・精神・・・と、芸術はそれらの所産という作品そのものの存在だけでなく、生まれた経緯や背景に眼を向けて俯瞰し、社会の中での立脚地を築いて行く。月日は流れ20世紀に入り美術史家アーウィン・パノフスキーが提唱する美術史学の方法論「イコノロジー」からの流れは現代に生きる芸術愛好の私が作品と向き合う時、ほぼ無意識的に考える概念だ。「イコノロジー」は、「単に作品に描かれた画像がなにであり、そこにどのようなテーマがこめられているかといった、作者の意図によって決定されるものにとどまらない。そうした画像やテーマの選択・判断そのものをさらに主題化して分析することによって、作者さえも意図していないその時代や地域における価値観としての意味を読み解くことがイコノロジーの方法であり、そこから文化の精神的な特質が明らかになる」金子伸二『造形学概論』(2004年)と、美術作品の意味に目を向けたものだった。
3自分にとっての「作品」観
2の「イコノロジー」を礎に美術史学のみならず社会学・歴史学など多角的な視点で芸術を考えること、例えば作家自身がその時代・国の中でどのような人生を生き、その各ポイントに何を思い造形に至ったかというストーリーは、作品そのものへの深い理解を促してくれる。作者の人となりを知ることで、作品の技法・色・モティーフの推移の全体像が輪郭を持って浮かび上がってくる。更に作家の作品同士を自分なりの価値観で比較や批評する事が出来る。学問的知識がなくても作家の世界観の片鱗を味わう事が出来るのではないだろうか。
4日本の寺巡り
美術館の中で文字パネルや映像資料を見ず、ダイレクトに作品と向き合うのも面白い。何の予備知識も持ち合わせずに作品を感じる事は知識の制約を受けず自由だ。
数年前、お遍路の札所含む45カ所程の関西の寺を巡ったことがあった。
それは写真家の助手としての仕事だったので普段は開放されていない文化財や国宝を見られる貴重な体験だった。その時の私は「何の予備知識も持ち合わせ」ていない状態で、学生時代の授業の朧げな記憶しかなかった。そこにあるのは額装された絵や作者が明確なもののみではない。庭における借景の美や書院、季節毎に趣の違う茶室が敷地に点在しており、仏像だけでなく襖絵・欄間・天井絵1つ1つが作品と賞賛に値するものばかりだった。それら全てから構成されるお寺全体の空間が立体的な作品だった。ブルーノ・タウトのいう、「眼の悦び」の意味を、回想して納得した。
5作品と向き合って
今感じるのは4の当時、知識を持ち合わせていれば更なる感動を得る事ができたのだと思う。美術史家・批評家の評価を知る事で主観にとどまらず新たな視点・価値観を受容出来る。それらの人々は美術探究者でその道のプロであるから自分では思い及ばなかった領域を見せてくれる。
私にとっての芸術作品とは、有名無名・知識の有無に関わらず「眼の悦び」を感じるもの。構図・技法・色・マチエル・モティーフ・展示空間・・・、と主観ばかりだが心が震え充足感を得る対象だ。
作品単品でも個人の主観のみでも作品が作品として成立する事は出来ない。
芸術とは鑑賞者にとって学問や識者という手がかりは必要不可欠で、それを包括する社会・鑑賞者ら全ての共同作業である。
[PR]

by artkzr | 2010-03-31 20:38 | 考察

2010日本における文化政策及びアートマネージメントとは何か

文化政策とは、芸術・文化を対象とする公共政策である。
ここでは狭義の意味での芸術文化を対象とした政策と共に考察したい。
そもそも文化とはイギリスの耽美派詩人で文明批評家のマシュー・アーノルドによると、人間の精神面での向上を示す言葉として位置づけるもので、教養と言い換える事もできる。としている。
教養とは学歴とは全く関係が無く、自分を振り返り自分を変えて行く作業を積み重ねた形であり、好奇心や知識欲は人間のみが持つ性質である。その手助けをするのが文化の役目ではないか?
私自身長年作品創りを続ける過程で(アートが無くても生きて行ける筈なのに。)と、幾度となく思った。
この場合、文化の手助けをしている意識は毛頭ない。
湧き上がる何かは、創る事でしか消化しない。
パズルのピースが合致して初めて完全燃焼出来るのだ。
とはいえ、これは全ての人には当てはまらない事で、アートで大成するのもごく僅かな人だ。
しかしながら芸術とは表現者あるいは表現物と、鑑賞者とが相互に作用し合うことなどで、精神的・感覚的な変動を得ようとする活動である以上鑑賞者側がその働きかけに何らかの作用を受けることでしか成立しない。
もちろん芸術をより理解する為に、深い知識はそれらの素晴らしさを引き立ててくれるがそれもまた、相対的には多い数ではないだろう。
物創りを続ける友人達の周りを見ると、その友人・親が物創りを趣味や仕事にしている等、要因は一概には言えないが環境はそれぞれに少なからず影響を与えているのでは、と思う。
環境は我々を取り巻き、我々に対して存在するだけでなく、我々やその生活と係わっている。
国宝や至宝だけを芸術と定義するのでは無く、部屋に一輪の花を置く様な身近な創造性の延長線上にある事として文化環境からも人々に歩み寄る事が必要ではないか。
1)芸術は高尚な物という認識が多くの人に染み付いている現状。アートバリアフリーが必要。
2)人は環境や街に育ち、またそれらをつくる。今はまだ自主的にアートの現場に足を運ぶしかその世界に触れる事が難しい。より身近な環境づくり。
3)絵を購入する行為やそれに伴うスペース確保や経済的な問題。
文化が根付いてなく日本では少数派である。

現日本でのアートマネージメントは文化政策と芸術と鑑賞者の架け橋となるべく、草の根運動を含めた膨大な役割を担う事が必要だと思う。
友人は言う。「私は絵を描いたり勉強した経験はないが、この絵は何か好き。」ここでは誰のどの絵かは重要ではなく、その、「何か好き」の感覚こそが重要であり具体的な説明がつかずとも綺麗と感動する感性が大切だ。
鑑賞者に感情の揺れを及ぼしうる事柄が重要な第一歩で「楽しそう」から「創ってみたい」へ自主性を促す環境を整えて行く。

文化政策のあり方として、アートに馴染みの無い人々が気軽に楽しめるワークショップや企業のメセナ活動がもっと活発になる事を望む。
それらは芸術へのほんの入り口に過ぎず純粋芸術が普遍性を無くして良しとする事ではない。
絵画でいう所のデッサンの様な基礎部分が社会に浸透するといい。
企業による複合型メセナ活動である芸術文化×まちづくり・地域活性化×育児支援はアートだけでなく多くの効果がある。
事例としては
●「花王・コミュニティーミュージアム・プログラム」(花王[株])
●「パパとキッズのアートプログラム〜世界でたった1つの絵本〜」(コスモ石油[株])
●「ベネッセアートサイト直島」(ベネッセコーポレーション)(以上社団法人企業メセナ協議会「2008年度メセナ活動実態調査」報告書)
これらの活動は地域の文化の拠点として芸術家だけでなくメセナ活動を通して子供からお年寄りまでが活力を持って文化向上に寄与し、自然に触れ、世代を超えて技術が伝承されるという、芸術文化による社会変革の可能性を広げられる事に明るい未来への希望が持てる。
特に直島は1989年の直島国際キャンプ場オープン以来、社会の変化や価値の転換に応じて継続的に変革・発展を遂げている。メセナ活動は数あれど定量的に計測したり第三者が検証できるものばかりでは無い事を含む数々の問題から持続的な活動が如何に困難を極めるか、学習を通して感じた。
故に地道な環境づくりが必要であり、時としてアートの敷居を下げ、間口を広げる事も重要なファクターではないかと思う。

アートの視点からより多くの人が楽しみ、触れ合う事の身近になる環境が今後増えていけば日本における芸術の立ち位置や需要はもちろん、希薄な人間関係・自然との共存等様々な社会問題を改善して行く事につながるのではないか。

その為にはアートマネージメントを志す者が臨機応変な対応力のバランス感覚を養い、世界中の芸術や文化・社会背景を知り日本の現状に応用し発展させていく事が必要である。
[PR]

by artkzr | 2010-03-15 20:35 | 考察